迎賓館の魅力をご紹介します

このサイトでは、結婚式なら迎賓館を紹介しています。
それだけ需要が多いのは式をあげたい人にとってもメリットは多いからです。
貸切が前提のため特別な日だと感じられます。
建物が高級感であふれているつくりのため、非日常を感じさせてくれます。
スタッフも資質が高く専用のカメラマンがいるため写真がとにかく映えます。
屋外スペースもあるので、ライスシャワーやブーケトスのイベントも天気のいい時は特に解放感や祝福されている充実感を与えてくれています。

迎賓館での結婚式のメリット

迎賓館での結婚式のメリット 迎賓館は、式に対し形式にとらわれることがなく自由な設計ができます。
そのため結婚式を挙げたい人の想いに寄り添いプランニングできるのは、迎賓館ならではのメリットでもあります。
敷地も広いため解放感も高く、結婚式を挙げたいカップルにしてみれば、高級感ある広い施設が私たちの専用になっているという付加価値は高いです。
準備するにあたり迎賓館一つで済みます。
衣装の打ち合わせ会場準備予算の相談、式の準備から完了まで窓口一つで済みます。
式を挙げたいが時間があまりとれない。
だけど内容の充実した式をあげたい。
一見わがままに思うような要望でも迎賓館はウエディングのプロ集団です。
時間が無くてもわがまま言って、満足できる式を挙げられます。

迎賓館で結婚式を行うことは出来るの?気になる費用は?

迎賓館で結婚式を行うことは出来るの?気になる費用は? 海外からの大切なお客様をお迎えするために、建てられた建築物が「迎賓館」です。
公式な行事で使用されることが多く、宿泊設備や会食が出来るスペースも用意されています。
こうした高級感や重厚感を意識して用意されたのが、「迎賓館ウェディング」です。
結婚式目的の施設として建設されており、名称に「館」などが付けられています。
貸切のウェディングゲストハウスとイメージするのが適していると言えるでしょう。
宿泊設備などはありませんが、結婚式目的の施設と設備を備えてあるので式を執り行うためには便利です。
迎賓館での結婚式の最大の魅力、それは高級感あふれる立派なウェディングが出来るという点でしょう。
ホテルの内部より設備が広く、整っているという点においても魅力があります。
さらに貸切であることも嬉しいポイントです。
独立した建物ですから、式のためだけに人を集めパーティーのような豪華な式を楽しむことが出来ます。
また、屋外スペースも近年は充実している迎賓館が多く、中庭での記念撮影や外でのデザートビュッフェなどを楽しむカップルも多く存在します。
屋内・屋外ともに名シーンを残すことが出来るという点は、迎賓館ならではのメリットです。
式場探しの際は一度、足を運んでみませんか。

迎賓館での結婚式はプライベート感たっぷり

一生に一度の結婚式をするときには、リラックスして過ごせるような環境で大切な人たちと思い出に残るひと時を過ごしたいという人は多いのではないでしょうか。
そういったときにはプライベート感のある、迎賓館で挙式から披露宴までをおこなうのもおすすめです。
迎賓館は大切な人たちをおもてなしするのに相応しい、格式のあるウェディング会場となります。洋館の趣き溢れる建物を貸し切って使用することができると、プライベートな空間でウェディングをすることが出来るというメリットがあります。
一般的な結婚式場やホテルの場合には、他の利用者がいることも少なくありません。その場合には人目が気になったり間違って他の会場に行ってしまうゲストが出てきたりすることもあるものです。
しかし貸し切って使用できる迎賓館ウェディングなら、そのような心配が要りません。またヨーロッパのお城のような魅力的な建物は、ゲストをおもてなしするのに相応しい格式もあります。

迎賓館での結婚式はアットホームになるのでおすすめ

結婚式をするときには、アットホームな雰囲気になるようにしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。そういったときには迎賓館を利用するのがおすすめです。
西洋風の建物を借りておこなうウェディングは、プライベートな空間で参列者の方々をおもてなしすることができます。家族や親しい友人等を招待しておこなえば、新郎新婦とゲストの距離が近い式にすることができるはずです。
心温まるような雰囲気の演出をすることができ、きっと希望に合うようなウェディングにすることができます。
アットホームとはいえヨーロッパの趣きある迎賓館での結婚式は、まるでお城に滞在しているかのような気分を味わうことができるので特別なパーティに適しています。
場合によっては、美しい庭園を使用してガーデンウェディングを取り入れられることもあるでしょう。
屋外でのデザートビュッフェは、ゲスト同士が交流したり新郎新婦と写真を撮ったりするのにぴったりです。

迎賓館は結婚式をオシャレにしたい人におすすめ

結婚式をするときには他の人と異なる、オシャレなものにしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。そういったときには西洋風の趣きある迎賓館を会場として使用するのが良いかもしれません。
洋館をウェディング会場として使用することができ、しかも貸切状態で使うことが出来るのが一般的です。建物の高級感やヨーロッパ貴族の邸宅のような雰囲気は、特別な機会のパーティでのおもてなしに相応しいという魅力もあります。
そのような迎賓館でウェディングをおこなえば、新郎新婦の2人にとってもゲストにとっても思い出深い一日となる可能性があります。迎賓館の中にはガーデンウェディングに対応しているところもあり、オシャレな結婚式をしたい人に向いているでしょう。
新緑の季節には緑が豊かな環境を活かして、オープンエアの開放感のあるパーティを楽しめます。ガーデンでデザートビュッフェをしたり、歓談したりすると素敵なパーティになりそうです。

レトロな雰囲気の迎賓館で結婚式を挙げよう

二人の大切な結婚式をどの式場で挙げるかというのは、とても大事なことなので時間をかけて念入りの決めているという人が多いのではないでしょうか。
式場にも様々なタイプがありますが、やはり落ち着きがあり高級感も漂う迎賓館などは、結婚式にこだわりがある人たちからの人気が高いようです。
大正や昭和の時代に建てられた迎賓館は、どれも歴史があり素晴らしい建築物ばかりです。そのようなレトロモダンを感じられる場所で式を挙げるのは、とてもお洒落だと感じる人も多いといいます。
和の雰囲気は落ち着きがあるので、年配の招待客にも適しているといえるでしょう。 実際の雰囲気が分からないと不安という人もいるかもしれません。そのような場合は、迎賓館などでもウェディングフェアを行っているところがあるので、連絡をしてから参加してみるとよいです。
費用など知りたいことがあれば何でも気軽に相談をして、納得してから素敵な式を計画していきましょう。

迎賓館での結婚式は少人数ですることもできる

結婚式をするときにはあまり多くのゲストを招待することなく、本当に大切な人たちだけを招待しておこないたいという人は多いのではないでしょうか。
そういったときには迎賓館を利用して、挙式や披露宴をおこなうことをおすすめします。少人数での迎賓館を利用したウェディングは、ゲストと新郎新婦の距離が近いアットホームな雰囲気になることが多いです。
新郎新婦もゲストもリラックスしてパーティを楽しむことができ、思い出深い一日にすることが期待できます。貸し切って使うことのできる迎賓館なら、他の家の新郎新婦やゲストと顔を合わせることがないので落ち着いて過ごすことが出来るはずです。
貸し切って使うことができれば、自由度の高い演出を取り入れることが出来る場合もあります。
理想の結婚式をしたいという希望が叶えられる可能性があるのも、迎賓館の良いところです。それに加えてウェディングに相応しい趣きや格式も兼ね備えているので、安心して利用できます。

結婚式の参考サイト

大阪にある迎賓館

新着情報

◎2022/4/20

情報を更新しました。
>迎賓館での結婚式はプライベート感たっぷり
>迎賓館での結婚式はアットホームになるのでおすすめ
>迎賓館は結婚式をオシャレにしたい人におすすめ
>レトロな雰囲気の迎賓館で結婚式を挙げよう
>迎賓館での結婚式は少人数ですることもできる

◎2021/5/25

迎賓館で結婚式・挙式
の情報を更新しました。

◎2021/1/6

迎賓館を訪れる時の服装
の情報を更新しました。

◎2020/8/24

屋外にもスペースがある
の情報を更新しました。

◎2020/7/10

迎賓館での写真は映える
の情報を更新しました。

◎2020/05/29

サイト公開しました

「結婚 迎賓館」
に関連するツイート
Twitter

櫛田神社隣に結婚式場 来年4月オープン予定~福岡市の造り酒屋「石蔵酒造」 福岡市の造り酒屋「石蔵酒造」は、結婚披露宴などに利用できる施設を櫛田神社の隣に、来年4月にオープンさせると発表しました。 博多区にある櫛田神社の隣に建設されているのは「宮前迎賓館 …

娘が結婚式を挙げたリバースイート京都鴨川迎賓館。 スタッフの方皆さん親切で娘達の要望に出来るだけ応えられるよう色々と配慮して頂き感謝してます。ウェディングプランナーの方も本当にありがとうございました😊 デザートに私達の結婚記念日を祝うメッセージまで用意して頂き涙が出ました🍰

思うところもあり、結婚相談行脚中!今日は神戸迎賓館 旧西尾邸でレトロ婚フェス〜!!

久々京都行ってきた! 初めてのカカオマーケットは店舗メッチャ可愛い! 結婚前に行ってた安定の長楽館、風情があって素敵でした 迎賓館は12歳未満不可なので子供はその年超えたら連れてこよう!

まだ明るいうちから、恒例:迎賓館結婚花火